2019/03/21 17:00

フェリシティ・ジョーンズ、“世紀の裁判”描く「ビリーブ」出演即決の理由は?

ルース・ギンズバーグの若き日を演じた
ルース・ギンズバーグの若き日を演じた

 [映画.com ニュース]「博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞主演女優賞候補になり、「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」では果敢なアクションに挑戦するなど幅広い活躍を見せるフェリシティ・ジョーンズ。彼女が「こういう役柄をずっと探し求めていた」と語るのが「ビリーブ 未来への大逆転」で演じた、実在のアメリカ合衆国最高裁判所の女性判事ルース・ベイダー・ギンズバーグである。

 85歳にして現役判事として活躍し、“RBG”というイニシャルで、現代アメリカの文化的アイコンとして親しまれる存在となっているギンズバーグ。彼女がいかにして、現在の男女同権の道を切り拓くための法廷に身を投じることになったのか? 1960年代から70年代にかけての戦いを描き出す。

 以前から出演作品を選ぶ際に「作品が持っているメッセージ性や思想を大切にして、それを信じるからこそ引き受けるようにしている」というジョーンズ。ギンズバーグについて、その存在や功績は知りつつも「彼女がどんな道を歩み、いかに戦ってきたのか詳しくは知らず、脚本で初めて触れた」とのことだが、女優として、一人の女性としてギンズバーグにひきつけられ、出演を即決した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >