2019/03/22 15:30

スチームパンク格闘漫画「レビウス」Netflixでアニメ化 瀬下寛之ら「亜人」スタッフ再集結

「GODZILLA」3部作を手がけたポリゴン・ピクチュアズがアニメ化 (C)中田春彌/集英社 ポリゴン・ピクチュアズ
「GODZILLA」3部作を手がけたポリゴン・ピクチュアズがアニメ化 (C)中田春彌/集英社 ポリゴン・ピクチュアズ

 [映画.com ニュース]中田春彌氏のスチームパンク格闘漫画「Levius レビウス」のフル3DCGアニメ化が決定した。「シドニアの騎士」や「亜人」「GODZILLA」3部作を手がけた3Dアニメーションスタジオのポリゴン・ピクチュアズが、アニメーション制作を担当。2019年冬にNetflixで全世界独占配信される。

 原作は2013年に「月刊IKKI」(小学館刊)で連載を開始し、14年の同誌休刊後は、15年から「ウルトラジャンプ」(集英社刊)で続編「Levius/est(レビウス/エスト)」が連載中。新生暦19世紀、戦争によって父を失い、母も意識不明になってしまった17歳の少年レビウス=クロムウェルは、右腕に装着した機械の義手を振るい、人体と機械を融合させて戦う格闘試合“機械拳闘”の世界で頭角を現していく。

 アニメ化決定の発表にともない、眼光鋭いレビウスを描いたティザーアートと、闘技場でのレビウスの激しいバトルを収録したティザープロモーションビデオ(https://www.youtube.com/watch?v=EIj57c5gOG0)が公開されている。

 スタッフは「亜人」の顔ぶれが再集結。瀬下寛之総監督のもと、監督を「亜人」で演出を担当した井出恵介、シリーズ構成を瀬古浩司、脚本を瀬古と猪原健太、キャラクターデザインを森山佑樹、音響監督を岩浪美和が務める。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >