2019/03/24 18:30

山崎まさよし「キムタクを意識していた」 初主演映画「月とキャベツ」尾道映画祭で上映

ミニライブで尾道のファンをわかせた
ミニライブで尾道のファンをわかせた

 [映画.com ニュース]人気ミュージシャンの山崎まさよしが3月24日、「尾道映画祭2019」を開催中の広島・シネマ尾道で96年公開の初主演映画「月とキャベツ」(篠原哲雄監督)の舞台挨拶とミニライブを行った。

 5年前にツアーで来た際に尾道を気に入ったという山崎は「尾道は町が凝縮されていて、まるでジオラマのよう。4年前には、“ここで生まれたら、どんな自分になっていただろうか”と思い、『カゲロウ』という曲も作りました」と話し、曲の一部も披露。

 「月とキャベツ」は、田舎でキャベツを栽培し、ひっそり暮らす人気ミュージシャン花火(山崎)と「ヒバナ」を名乗る謎めいた少女(真田麻垂美)のひと夏の交流を描く。山崎は音楽も手がけ、主題歌「One more time ,One more chance」は大ヒットした。「音楽を志した時に、いきなり映画の話が舞い込んで、戸惑いました。フィルムで単館公開。全国ロードショーではなかったけども、『フィルムは絶対残るから』と説得され、現場に飛び込みました。映画の劇中歌にするからという話を聞き、チャンスだと思った。全てが初めてのことでした」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >