2019/03/25 18:00

ベン・アフレック、依存症テーマの映画に主演 賞レースに参戦か

ベン・アフレック Photo by Steve Granitz/WireImage /Getty Images
ベン・アフレック Photo by Steve Granitz/WireImage /Getty Images

 [映画.com ニュース] ベン・アフレックと「ザ・コンサルタント」のギャビン・オコナー監督が再タッグを組むタイトル未定の新作映画が、10月18日に全米公開されることが決まった。

 米バラエティは、私生活でアルコール依存の問題を抱えるアフレックが薬物依存の主人公を演じる話題作であることから、製作元の米ワーナー・ブラザースは賞レースを視野に入れたうえで、公開日を定めたものとみている。当初「The Has-Been(原題)」や「Torrance(原題)」のタイトルで報じられていた同作は、妻の死によって薬物依存症に陥ってしったNBAの元スター選手が、母校のバスケットボールチームのコーチを務めることで再生していくというストーリーだ。

 「ファーナス 訣別の朝」のブラッド・イングルスビーとオコナー監督が共同で脚本を執筆。アフレックとジェニファー・トッド、ゴードン・グレイがプロデューサーを務める本作には、アフレックのほかにアル・マドリガル(「ナイト・スクール」)、ジャニナ・ガバンカー(ドラマ「トゥルーブラッド」)、ヘイズ・マッカーサー(「ゲーム・プラン」)、レイチェル・カーパニ(「トライアングル」)らが出演する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >