2019/03/28 13:00

インド映画史上最大級の製作費「パドマーワト」6月7日から日本公開決定!

ファン熱望のスペクタクル巨編が ついに劇場公開! (C)Viacom 18 Motion Pictures (C)Bhansali Productions
ファン熱望のスペクタクル巨編が ついに劇場公開! (C)Viacom 18 Motion Pictures (C)Bhansali Productions

 [映画.com ニュース] “インド映画史上最大規模の製作費”という約3300万ドル(1ドル=110.18円換算で約36.4億円)を投じて創出された「Padmaavat」(原題)が、「パドマーワト 女神の誕生」の邦題で6月7日から日本公開されることが決定した。「トリプルX 再起動」で米ハリウッド進出も果たしたディーピカー・パードゥコーンが主演し、国の運命を変えるほどの美貌と、聡明な決断力を誇る王女パドマーワティの運命を体現する。

 16世紀に生み出されたインドの伝記を映画化。本国では製作段階から大きな話題を呼び、劇中のヒンドゥー教や、インド古来の民族であるラージプート族の描写に対して憶測が飛び交い、一部の過激な宗教団体が上映中止を求めて運動するなど騒動が勃発。18年の国内興行収入では3位となる約61億円を叩き出し、世界興収では約100億円の大ヒットを記録した。

 13世紀末、シンガルの王女パドマーワティは、西インドの小国メーワールの王ラタン・シンと恋に落ち、妃となった。同じころの北インドでは、叔父を暗殺した若き武将アラーウッディーンが、イスラム教国の王の座を手に入れていた。“第二のアレキサンダー大王”の異名をとるアラーウッディーンは、権勢を広げていくなかでパドマーワティの美貌を知り、メーワールに兵を差し向ける。ラタン・シンとの誇りと野望をかけた戦いがはじまり、パドマーワティ自身も、ある決意をもって戦場に歩を進めていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >