2019/03/30 06:00

ダンブルドアと宿敵グリンデルバルドは元カップル 原作者が告白

J・K・ローリング Photo by David M. Benett/ Getty Images Entertainment
J・K・ローリング Photo by David M. Benett/ Getty Images Entertainment

 [映画.com ニュース] 「ハリー・ポッター」シリーズの原作者で、「ファンタスティック・ビースト」シリーズの脚本家であるJ・K・ローリングの発言が物議を醸している。

 英Radio Timesによれば、「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の英国版ブルーレイ&DVDの特典映像で、ローリングはジュード・ロウ演じるダンブルドアとジョニー・デップ扮する宿敵グリンデルバルドが、「とても情熱的な恋愛関係でした」とコメントしているという。「しかしどんな恋愛関係でも、相手が何を感じているのか分かりようがないものです。理解していると思っていても、それは自分がそう思い込んでいるだけ」。

 「ファンタスティック・ビースト」シリーズにおける恋愛関係といえば、魔法使いのクイニー(アリソン・スドル)と恋に落ちた人間のジェイコブ(ダン・フォグラー)のプラトニックなラブストーリーに目がいきがちだが、ローリングによればダンブルドアとグリンデルバルドは、かつて性的な関係にあった元カップルだったようだ。メガホンをとったデビッド・イェーツ監督も「これはかつて愛しあい、最終的には戦うことになった2人の男の物語です」と口を揃えている。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >