2019/03/30 09:00

新海誠監督「天気の子」シーンカット先行入手!空、雲、光の美しさに目を奪われる

これぞ“新海ワールド”! (C)2019「天気の子」製作委員会
これぞ“新海ワールド”! (C)2019「天気の子」製作委員会

 [映画.com ニュース] 「君の名は。」などで知られる新海誠監督の最新作「天気の子」のシーンカットを、映画.comが先行入手した。

 離島から家出し、東京にやってきた高校1年生の森嶋帆高。生活はすぐに困窮し、孤独な生活の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。雨が連日降り続けるなか、都会の片隅で1人の少女に出会う。ある事情を抱え、弟と2人で明るくたくましく生きる天野陽菜。彼女は、祈るだけで天気を晴れに変えられるという、不思議な能力を持っていた。

 お披露目されたシーンカットの1点は、空を見上げる帆高と陽菜の後ろ姿を活写。2人の先には、薄暗い雨雲の切れ間から青空がわずかにのぞき、まばゆい日差しが差し込んでいる。これぞ“新海ワールド”というような緻密で美しい空、雲、光の描写に目を奪われてしまう。また、左頬と鼻背に絆創膏を貼った帆高が激しい雨のなかで天を見つめる姿、陽菜が青空に浮かんでいるようなカットも公開された。

 「天気の子」は、醍醐虎汰朗が主人公の帆高、森七菜がヒロイン・陽菜役の声優に抜てきされ、田中将賀がキャラクターデザイン、田村篤が総作画監督、滝口比呂志が美術監督を担当する。7月19日から全国公開。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >