2019/03/30 10:00

“最強の雀士”ベッキーが魅せる圧巻のイカサマ技!「麻雀放浪記2020」特別映像公開

かつて加賀まりこが演じた人気 キャラクター・八代ゆき (C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
かつて加賀まりこが演じた人気 キャラクター・八代ゆき (C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

 [映画.com ニュース] 俳優・斎藤工と白石和彌監督(「凶悪」「孤狼の血」)がタッグを組む映画「麻雀放浪記2020」の本編映像が公開された。映像では、最強の雀士を演じるベッキーが華麗な手さばきを披露している。

 原作は、阿佐田哲也氏の累計発行部数250万部を超えるベストセラー小説。過去にはイラストレーター・和田誠が監督を務めた「麻雀放浪記」(1984)が製作されており、同作を「生涯ベスト映画の1つ」と公言する斎藤の熱いラブコールによって、設定やキャラクターを大胆にアレンジし、約35年ぶりの再映画化が実現した。東京オリンピックが中止になった2020年、人口が減少し、労働はAI(人工知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれていた。1945年の戦後からタイムスリップしてきたギャンブラー・坊や哲(斎藤)は驚愕の世界を前に、“麻雀”で死闘を繰り広げることになる。

 ベッキーが扮する八代ゆきは、坊や哲が通う麻雀クラブ「オックス・クラブ」のママで、和田監督版では加賀まりこが演じた人気キャラクター。麻雀の経験がなく、本作で初めて麻雀牌に触れたというベッキーは、ベッドのそばに麻雀卓を設置し常に牌に触れる状況を作るなど、約1カ月半にわたり稽古を重ねた。猛特訓の結果、麻雀のイカサマ技「元禄積み」や「燕返し」を習得。圧巻の牌さばきで、最強の雀士役を妖艶に体現している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >