2019/03/30 12:00

【独占インタビュー】「ウォーキング・デッド」新たな敵アルファは“悪役”ではない?サマンサ・モートンの真意

 [映画.com ニュース]  大ヒットサバイバルドラマ「ウォーキング・デッド」シーズン9(放送・配信中)後半に、新たな敵として登場する“アルファ”。ウォーカーのマスクを被って生活するという衝撃的なキャラクターを演じているのは、オスカーノミニーの英女優サマンサ・モートンだ。アルファという役の捉え方、「ウォーキング・デッド」ファミリーの一員になったことへの興奮などを語ったインタビューを、映画.comが日本独占入手した。

※ネタバレ注意!! この先、シーズン9までの内容に言及している箇所があります。

 シーズン8最終話で、主人公リック・グリムスが束ねた4つのコミュニティ「アレクサンドリア」「ヒルトップ」「王国」「オーシャンサイド」の連合軍は、ニーガン率いる「救世主」との全面戦争に勝利。シーズン9は、強大な敵が去ったことと、リック役のアンドリュー・リンカーンが第5話を最後に降板したことで、シリーズ最大の節目を迎えている。そんななかに現れた新たな脅威が、ウォーカーのように振る舞う「囁く者(ささやくもの)」だ。ウォーカーを“守護者(ガーディアンズ)”と呼び、世界の支配者が人間ではなくウォーカーになったと信じる彼らのリーダーであるアルファは、生き延びるために弱い者を徹底的に排除していくのだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >