2019/03/30 12:00

コリン・ファレル、「ダンボ」ティム・バートン監督の現場は「最も純粋で最も美しい経験」

今後組みたい監督も明かした
今後組みたい監督も明かした

 [映画.com ニュース] ディズニーの名作アニメーションを「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」のティム・バートン監督が実写化した「ダンボ」(公開中)。引き離された母象との再会を望む子象ダンボの命運を握るキーマンを演じたコリン・ファレルが、「最も純粋で最も美しい経験のひとつだった」という撮影の日々を振り返った。

 ファレルが演じたのは、サーカスの元看板スター、ホルト。戦争で片腕を失い、自身の留守中に妻も亡くし、子どもたちと共にダンボの世話を任される。

 物語の中心は、あくまでも“ダンボ”。そう理解したファレルは、過剰になりすぎないよう気をつけながら演じたという。「“空を飛ぶ赤ちゃん象”っていうファンタスティックな存在がいるから、僕は逆に実存主義的なホルトの葛藤をシンプルに演じたかったんだ。脚本を読んでホルトにシンパシーを感じたよ。僕は戦争に行ったことも、片腕を失ったことも、妻を失ったこともない。でも、想像力を使ってホルトの葛藤の大きさを理解することはできる。それが自分の仕事だと思ったんだ」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >