2019/04/01 11:00

「田辺・弁慶映画祭セレクション2019」で品田誠監督ら撮り下ろし新作を上映

「田辺・弁慶映画祭セレクション2019」チラシ (C)田辺・弁慶映画祭実行委員会
「田辺・弁慶映画祭セレクション2019」チラシ (C)田辺・弁慶映画祭実行委員会

 [映画.com ニュース] 「田辺・弁慶映画祭セレクション2019」が、6月28日から7月18日までテアトル新宿で開催されることが決定した。昨年の第12回田辺・弁慶映画祭コンペティション部門のグランプリ受賞作品や受賞監督の新作などが上映される。

 多くの若手監督を輩出し、“インディーズの登竜門”と注目されている同映画祭。第12回の弁慶グランプリ は福田芽衣監督「チョンティチャ」で、主演の長月凛が女優賞も受賞した。観客賞は近藤啓介監督「ウーマンウーマン」、キネマイスター賞は石井達也監督「すばらしき世界」で主演の團悠哉が男優賞を獲得。TBSラジオ賞は野村奈央監督「からっぽ」、そして品田誠監督「不感症になっていくこれからの僕らについて」が映画.com賞に輝いた。

 今年のセレクションでは併映として、福田監督は短編「90分バスロマンス(仮)」を撮り下ろす予定。石井監督は福田プロデュースで、真実の愛を追及するセルフドキュメンタリーの新作「万歳!ここは愛の道(仮)」を特別上映する。また、近藤監督は「ウーマンウーマンウーマン」として新作に仕上げ、野村監督も「からっぽ」増補版などを上映する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >