2019/04/02 13:00

「ダンボ」ティム・バートン監督が最も悩んだのは?

ディズニーの名作アニメーションを実写化した
ディズニーの名作アニメーションを実写化した

 [映画.com ニュース]ディズニーの名作アニメーションを実写映画化した「ダンボ」(公開中)。アニメーション版を「お気に入り」と語るティム・バートン監督が、本作に込めた思いを語った。

 “大きすぎる耳”を持つ子象のダンボが、サーカス団の仲間の力を借りて、引き離された母象の救出に挑む。ダンボの命運を握るサーカス団員、ホルト役でコリン・ファレルが出演するほか、マイケル・キートン、ダニー・デビート、エバ・グリーンらが共演。日本では3月29日に公開を迎え、国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)で2位に初登場した。

 これまでも「シザーハンズ」「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」など、特異なキャラクターに寄り添い、救いの手を差し伸べてきたバートン監督。アニメーション版には「ダンボが大きい耳という欠点を強みに変えるというところがすばらしいと思った」と敬意を込めつつ、「人間たちの物語もダンボの物語と比例して描かれているんだ。例えば、ホルトは片腕を失い、妻も失い、仕事も危ない、子どもたちともすれ違っている。“ありのままでいなさい”と言葉で言うのは簡単だけれど、短所が肉体的なものや精神的なものだったら、それを変えていくのは難しい。今回ダンボが空を飛ぶというのは、それを伝えるすばらしい象徴だと思ったんだ」と、本作に加えた自身のエッセンスを説明する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >