2019/04/03 07:00

「A.B.C-Z」橋本良亮、「決算!忠臣蔵」で時代劇初挑戦! 過激派の赤穂浪士役に

原作は東京大学教授・山本博文氏による「『忠臣蔵』の決算書」 (C)新潮新書
原作は東京大学教授・山本博文氏による「『忠臣蔵』の決算書」 (C)新潮新書

 [映画.com ニュース]「A.B.C-Z」の橋本良亮が、堤真一と岡村隆史(「ナインティナイン」)が共演する「決算!忠臣蔵」に出演していることがわかった。本作で時代劇初挑戦となり、「A.B.C-Zのセンターとしていいところを見せたいです」と意気込んでいたという橋本は、早くから討入りを主張する赤穂浪士きっての過激派・武林唯七(たけばやし・ただしち)役を務める。

 「殿、利息でござる!」「忍びの国」の中村義洋監督がメガホンをとり、東京大学教授・山本博文氏の「『忠臣蔵』の決算書」をもとに映画化。大石内蔵助(堤)と勘定方・矢頭長助(岡村)が限られた予算の中で討入りを計画するさまを、全編関西弁で描く。

 元禄14年(1701)、江戸城・松の廊下で起こった赤穂藩君主・浅野内匠頭による吉良上野介の人傷騒ぎ。責任をとって切腹した君主の仇討ちのため、筆頭家老・内蔵助は立ち上がる。しかし、お家断絶を嘆く暇もなく、矢頭とともにリストラに励む日々。幕府への取次も虚しく再興の道は閉ざされてしまうなか、江戸の庶民は内蔵助たちの討ち入りを熱望する。討入りするにも予算が必要で、その上限は現在の貨幣価値で9500万円。厳しい財政状況の一方で、世間の空気は仇討ちを求めており、内蔵助は完璧なジレンマに苛まれていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >