2019/04/03 17:00

【全米映画ランキング】ティム・バートン監督による実写版「ダンボ」が首位デビュー

「ダンボ」が首位 (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
「ダンボ」が首位 (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

 [映画.com ニュース]先週末の全米ボックスオフィスは、ディズニーの名作アニメをティム・バートン監督が実写映画化した「ダンボ」が約4500万ドルのオープニング興収で首位デビューを飾った。

 同作は、大きな耳を使って空を飛ぶことができる小さなゾウの子ども「ダンボ」が、サーカス団の家族の助力を得て、引き離された母親の救出に挑む姿を描いたファンタジードラマ。

 ディズニーアニメの実写映画化作では、ビル・コンドン監督「美女と野獣」(17年/約1億7400万ドル)、ティム・バートン監督「アリス・イン・ワンダーランド」(10年/約1億1600万ドル)、ジョン・ファブロー監督「ジャングル・ブック」(16年/約1億300万ドル)、サム・ライミ監督「オズ はじまりの戦い」(13年/約7900万ドル)、アンジェリーナ・ジョリー主演「マレフィセント」(14年/約6900万ドル)、ケネス・ブラナー監督「シンデレラ」(15年/約6700万ドル)に次ぐ歴代7位のOP興収を記録する好スタートとなった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >