2019/04/05 04:00

オリジナルTVアニメ「トクナナ」始動 下野紘、津田健次郎、鈴木達央ら出演で今秋放送

「PEACE MAKER 鐵」黒乃奈々絵が キャラ原案担当 (C)特殊凶悪犯対策室 第七課
「PEACE MAKER 鐵」黒乃奈々絵が キャラ原案担当 (C)特殊凶悪犯対策室 第七課

 [映画.com ニュース] “警察のはぐれもの集団”と凶悪犯罪組織の戦いを描くオリジナルテレビアニメ「トクナナ」の制作が決定し、今秋から放送されることがわかった。警察の“はぐれ者”で構成された「警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課(通称トクナナ)」のメンバーを、下野紘、津田健次郎、鈴木達央が演じる。「トクナナ」メンバーが配されたティザービジュアル、ティザーPVも披露されている。

 主要スタッフは、「アンゴルモア元寇合戦記」で監督を務めた栗山貴行が総監督、「美少女戦士セーラームーン」シリーズの演出として知られる小坂春女が監督を担い、「Fate/Apocrypha」の東出祐一郎がシリーズ構成、「劇場版 マジンガーZ INFINITY」の飯島弘也がキャラクターデザインを担当。「PEACE MAKER 鐵」でおなじみの漫画家・黒乃奈々絵氏がキャラクター原案に初挑戦する。

 物語は、警視庁の各分野のエキスパート7人が所属する集団「トクナナ」が、かつて存在した生物ドラゴンに心酔する凶悪犯罪組織「ナイン」に立ち向かう姿を描く。かつて世界には、エルフ、ドワーフ、吸血鬼、ホムンクルス、人間など多くの種族が存在し、それらのヒエラルキーの頂点には「ドラゴン」が君臨していた。長い時を経てドラゴンは消え、大半の種族が人間と変わらぬ姿となったが、「2×19年」の東京では、ドラゴンの力を欲する組織ナインが世界を作り変えようと画策していた。ナインに対抗するための集団トクナナのメンバーは、次々と発生する難事件に挑みながら「自分の信じる正義」を模索する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >