2019/04/05 13:35

佐藤大樹&鈴木仁が生実演!胸キュン仕草“つまくる”とは?

 [映画.com ニュース] 累計発行部数120万部を突破した杉山美和子氏の人気漫画を映画化した「4月の君、スピカ。」の初日舞台挨拶が4月5日に東京・新宿ピカデリーで行われ、ダブル主演を務めた福原遥と佐藤大樹(「FANTASTIC from EXILE TRIBE」)をはじめ、共演した鈴木仁、井桁弘恵、メガホンをとった大谷健太郎監督が登壇した。

 天文部を舞台に巻き起こる三角関係を描いた今作は、うっかり入学したスパルタ進学校の授業についていけず友達ともなじめない日々を送っていた主人公・早乙女星(福原)が、星は天文好きの無口な美少年・深月(鈴木)、口は悪いが学年トップの成績を誇る秀才・泰陽(佐藤)と出会うところから始まる。2人に誘われるまま天文部に入り、とっておきの居場所を見つけた星の毎日が少しずつ輝き始める。

 ストーリーにちなんだ「親友と同じ人を好きになってしまったらどうする?」という質問に、佐藤は「僕は譲りますね、友情を大切にしたいタイプ。別に好感度を上げようとしているわけじゃなくて、僕だったら(劇中で親友役の)仁を選びますね」とキッパリ宣言する。福原が「私だったら思いを親友に伝えて、お互い正々堂々勝負しますね」と言うと会場から大きな拍手が沸き起こり、「やったあ!」とガッツポーズ。鈴木が「自分はライバルいたとしても関係なしって感じです! 恋愛って個人間の問題だと思ってるんで、関係ない。(親友との)関係が崩れたら、それくらいの仲だってこと」と男らしい意見を述べると、佐藤は「僕もこう答えれば良かったな」としょんぼりしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >