2019/04/05 20:14

斎藤工「麻雀放浪記2020」が苦難に直面している作品の「希望になれば」

 [映画.com ニュース] 斎藤工と白石和彌監督がタッグを組む映画「麻雀放浪記2020」が4月5日、全国51スクリーンで封切られ、東京・丸の内TOEI1で行われた初日舞台挨拶に、斎藤と白石監督をはじめ、共演のもも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、岡崎体育、音尾琢真、竹中直人、バニーガール役の鈴木ふみ奈、水口美香、ふんどしダンサー役の藤田晋之助、橋本侑哉が出席した。

 原作は、阿佐田哲也氏の累計発行部数250万部を超えるベストセラー小説。東京オリンピックが中止になった2020年、人口が減少し、労働はAI(人工知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれていた。1945年の戦後からタイムスリップしてきたギャンブラー・坊や哲(斎藤)は驚愕の世界を前に、“麻雀”で死闘を繰り広げることになる。

 斎藤らのトークでは、驚きの事実が次々と明かされた。音尾が「今日のお昼、(本作を)この劇場で見たんです。K列の12番。あまりの面白さに色んな“汁”が出たので、席に染み付いているはず」と告白すると、竹中の「工君が煮えたぎるしゃぶしゃぶの鍋に手を突っ込んで、肉を食べるシーンが圧倒された」という発言から、斎藤が“出来立てほやほや”の鍋を使用して撮影に臨んでいたことが判明。「数秒ならいけると思って、トライしてみた。右手の新陳代謝が良くなった」(斎藤)、「失礼のないように、一応熱湯にしていたんですけど、何も言われなかったので、大丈夫な人なんだなと思った(笑)」(白石監督)と裏話が披露されていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >