2019/04/06 16:00

フィンランド映画史上最大の製作費&大ヒット!“規格外”の戦争映画、予告編公開

ポスタービジュアルもお披露目 (C)Elokuvaosakeyhtioe Suomi 2017
ポスタービジュアルもお披露目 (C)Elokuvaosakeyhtioe Suomi 2017

 [映画.com ニュース] フィンランド映画史上最大の製作費(約700万ユーロ、1ユーロ=125.4円換算で約8.7億円)が投入され、同国で史上最高の興行収入(約1560万ドル、1ドル=111.6円換算で約17.4億円)を記録した「アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場」の予告編が公開された。

 第2次世界大戦中にフィンランドと旧ソ連の間に勃発した戦いを描き、撮影ではフィンランド国防軍の全面協力のもと、1万4000人以上のエキストラを動員。ワンテイクで70.54キロもの火薬を使用し、「ワンシーンに用いられた最大の火薬量」がギネス世界記録に認定されたという“規格外”の迫力あふれる映像が完成した。

 アク・ロウヒミエス監督(「4月の涙」)がメガホンをとり、フィンランドの国民的作家バイノ・リンナ氏による古典小説「無名戦士」を映画化した。2017年10月にフィンランドで公開されると、7週連続で興行成績第1位を獲得。観客動員は100万人を突破し、人口550万人のフィンランド国民の約5人に1人が映画館に足を運ぶという大ヒットとなった。101年前に独立を果たしたフィンランドが、国境にあるカレリア地方の領有をめぐり旧ソ連に戦いを挑み、当時の人口400万人のうち50万人が従軍したという「継続戦争」。最前線で苛烈な戦闘に身を投じる4人の兵士たちの視点から、戦争とそれぞれの家族をめぐる人間ドラマを紡ぐ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >