2019/04/07 12:30

マーク・ラファロ主演の新ドラマにキャスリン・ハーン、ジュリエット・ルイス、メリッサ・レオら

キャスリン・ハーン Photo by Frederick M. Brown/FilmMagic
キャスリン・ハーン Photo by Frederick M. Brown/FilmMagic

 [映画.com ニュース] 米HBOが、世界的ベストセラー小説「この手のなかの真実(原題:I Know This Much Is True)」をマーク・ラファロ制作総指揮・主演でドラマ化する準備を進めている。この新作に出演する女優陣の顔ぶれが明らかになった。

 米Deadlineによれば、キャスリン・ハーン(「午後3時の女たち」)、ジュリエット・ルイス(「ローラーガールズ・ダイアリー」)、メリッサ・レオ(「イコライザー」)、イモージェン・プーツ(「マイ・ファニー・レディ」)、ロージー・オドネル(「SMILF」)、アーチー・パンジャビ(「グッド・ワイフ」)が共演するという。

 米作家ウォーリー・ラムが1998年に発表した原作は、20世紀後半のアメリカを舞台に、私生児として育った一卵性双生児の兄弟トーマスとドミニクの苦悩に満ちた人生を通じて、裏切りと許し、自己犠牲といったテーマを追究している。

 ドラマは、ラファロが統合失調症のトーマス、さまざまな試練に直面するドミニクの1人2役で主演。ハーンはドミニクの元妻役、ルイスはドミニクに雇われた大学院生役、レオはトーマス&ドミニク兄弟の母役、オドネルはトーマスが入居している法医学施設のソーシャルワーカー役、パンジャビはトーマスを担当することになる臨床心理学者役、プーツはドミニクと同棲する恋人役を演じる。「ブルーバレンタイン」「光をくれた人」のデレク・シアンフランスが脚本・監督を務め、6話完結のミニシリーズとなる。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >