2019/04/08 04:00

「時かけ」から「未来のミライ」まで 横浜赤レンガ倉庫で細田守監督作品を5夜連続野外上映

「未来のミライ」の舞台でもある横浜で野外上映 (C) 2018 スタジオ地図
「未来のミライ」の舞台でもある横浜で野外上映 (C) 2018 スタジオ地図

 [映画.com ニュース] 神奈川・横浜赤レンガ倉庫とMARINE & WALK YOKOHAMAで開催される野外シアター「SEASIDE CINEMA 2019」内で5月1~5日に、アニメーション監督・細田守が手がけた劇場アニメ5作品が「米国アカデミー賞ノミネート記念 細田守監督特集」として、5夜連続で野外上映される。会場は赤レンガパーク、入場無料で各日午後7時上映開始。

 5月1日には筒井康隆氏の小説を再構築した青春ストーリー「時をかける少女」(2006)、2日には電脳世界OZを舞台に大家族が力を合わせるアクション作品「サマーウォーズ」(09)、3日には“おおかみおとこ”との間に子を授かった女性と2人の“おおかみこども”の母子の絆を描く「おおかみこどもの雨と雪」(12)、4日には強さを求める少年が、師匠である“バケモノ”との間に父子のような関係を育んでいく「バケモノの子」(15)、5日には甘えん坊な男の子と未来からやってきた妹による“きょうだい”の物語「未来のミライ」(18)が、約450インチの特設スクリーンで上映される。細田監督が設立したスタジオ地図の全面協力のもと、同監督の劇場用アニメ5作品が連続で野外上映されるのは、今回が初の試みとなる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >