2019/04/10 04:00

ディズニー実写「アラジン」吹き替え版の主人公は中村倫也! ジャスミン役は木下晴香に

 [映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニー・スタジオがおくる実写映画版「アラジン」の日本語吹き替え版で、俳優の中村倫也が主人公アラジン役、ミュージカル女優の木下晴香がジャスミン役を務めることがわかった。2人は、実力派が多数参加したオーディションを経ての抜てき。起用のポイントはその演技力と歌唱力、そして名曲「ホール・ニュー・ワールド」での歌声だったそうだ。

 貧しい若者アラジンと王女ジャスミンの身分違いのロマンス、3つの願いを叶える魔法のランプをめぐる冒険を描いた「アラジン(1992)」を、ガイ・リッチー監督(「シャーロック・ホームズ」シリーズなど)が実写映画化。ウィル・スミスがジーニー、エジプト出身でカナダ育ちの新人メナ・マスードがアラジン、ナオミ・スコットがジャスミンを演じている。

 今回の日本語版は、演技力と歌唱力を備えたキャスト陣がセリフだけでなく歌までを日本語で演じる“プレミアム吹き替え版”。人々を魅了してやまないアラジンの声を担当する中村は、「ホール・ニュー・ワールド」を歌ったことに「自分が携わる仕事で、感じたことのない感動がありました。小さいころから知っている名曲に自分が歌って吹き込んで完成版を見たとき、珍しく鳥肌が立ちましたね」と夢見心地だ。「アラジンはジャスミンを誘って一緒にいろんな世界を見て回ろうよという、優しさと強さ、ちょっとした強引さがありながら素敵な体験をさせてあげる……」としたうえで、「そういう幸せな気持ちやキラキラした感情がいっぱいのシーンになればいいなと思って吹き替えをしました」とコメントを寄せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >