2019/04/10 16:00

高良健吾、30代最初の主演作で体得した収穫と課題 “活動屋”の魂を追い求めて…

取材に応じた高良健吾
取材に応じた高良健吾

 [映画.com ニュース] 「久しぶりに、ちゃんばら映画を撮りたいと思っているんだ。目力のある、若手の俳優が主演のね……」。2014年9月、京都某所で煙草をくゆらせながら、名匠・中島貞夫監督が筆者にこぼした一言である。あれから4年半、84歳になった“活動屋(映画人の意)”が万難を排し、実に20年ぶりの新作として完成させた「多十郎殉愛記」が封切られる。主演として中島組の愛情を一心に浴び、現場に居続けた高良健吾に話を聞いた。(取材・文/編集部、写真/根田拓也)

 過去5年間の出演映画は15本(アニメ映画の声優も含む)、銀幕デビューからだと優に50本を超えるキャリアを誇る高良だが、現在をもってしても一切の慢心はない。それどころか、演じることにどこまでも貪欲で「もっともっとよくなりたいんです。僕はその事ばかり考えて生きているし、演じるということを忘れることができないし、どうしたらよくなるかを常に考えています」と真摯な眼差(まなざ)しを注ぐ。さらに、「何がよいのか知りたい。それって役によって違うだろうし、現場によっても違うだろうし、年齢によっても変わってくると思います。これからもずーっと探し続けるんでしょうね。技術的なものだと思う瞬間もあるし、そうじゃないと思う瞬間もある。ただ、自分で一度その道を通ってみたいんですよ」と胸中を明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >