2019/04/12 21:30

「永遠のこどもたち」脚本家、監督デビュー作で衝撃とドラマ性を追求

メガホンをとったセルヒオ・G・サンチェス監督 (C)2017 MARROWBONE, SLU; TELECINCO CINEMA, SAU; RUIDOS EN EL ATICO, AIE. All rights reserved.
メガホンをとったセルヒオ・G・サンチェス監督 (C)2017 MARROWBONE, SLU; TELECINCO CINEMA, SAU; RUIDOS EN EL ATICO, AIE. All rights reserved.

 [映画.com ニュース]「マローボーン家の掟」(公開中)のメガホンをとったセルヒオ・G・サンチェス監督が撮影を振り返り、長編監督デビューを飾った本作について語った。

 舞台は、海沿いの森のなかにひっそりとたたずむ大きな屋敷。そこに暮らすマローボーン家の4人兄妹は、心優しい母の死後、“5つのおきて”に従いながら、世間の目を逃れるように生きていた。忌まわしい過去を振り切り、屋敷で再出発を図る彼らだったが、凶悪殺人鬼である父親を殺害したことをきっかけに、4人の平穏が崩れ出す。

 本作は、「ジュラシック・ワールド 炎の王国」のJ・A・バヨナ監督が製作総指揮を担った。これまでバヨナ監督作「永遠のこどもたち」「インポッシブル」の脚本を手がけてきたサンチェス監督。「ずっと自分は監督をしたいと思っていたのでとても楽しかったし、まったく苦労は感じなかったよ。脚本を書くというのは独りの仕事で、撮影をするというのは本当にみんなと一致団結してできるものだから。人のために脚本を書くというのは、まるで招待されていない誕生日会のケーキを作るようなものだからね(笑)」と、念願かなっての監督挑戦だったことを明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >