2019/04/13 14:30

諏訪敦彦監督×モトーラ世理奈! 「風の電話」に西島秀俊、三浦友和、西田敏行が集結

物語のモチーフは、天国につながる唯一の電話
物語のモチーフは、天国につながる唯一の電話

 [映画.com ニュース]諏訪敦彦監督(「M/OTHER(1999)」「ライオンは今夜死ぬ」)の最新作「風の電話」の製作が決定し、2020年初春に全国公開されることがわかった。主演を務めるのは、「少女邂逅」「21世紀の女の子」で存在感を放ったモトーラ世理奈。共演には、西島秀俊、三浦友和、西田敏行といった実力派が結集している。

 本作のモチーフとなったのは、今は亡き大切な人と想いをつなぐ電話として、岩手県大槌町の小高い丘の上にある「風の電話」。2011年、佐々木格氏が「死別した従兄弟ともう一度話したい」という思いから、自宅の庭に白い電話ボックスを設置し、そこにラインの繋がっていない黒電話を置いた。東日本大震災以降、今は会えない家族や友人に“心で話す”ことができる「風の電話」には、3万人にものぼる人々が訪れている。

 映画では、ひとりの少女が広島から故郷・岩手に帰り「風の電話」にたどり着くまでの道程を通じて“傷ついた心の救済”“人々が忘れかけている大切なもの”を映し出す。モトーラが主人公のハル役、西島がハルと行動をともにする森尾役として出演。三浦と西田は、ハルが旅の途中で出会い、彼女に影響を与える重要な人物を演じる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >