2019/04/13 18:00

高良健吾、中島貞夫監督からの感謝の手紙に万感「大切にしたい」

中島貞夫監督の20年ぶりの劇映画
中島貞夫監督の20年ぶりの劇映画

 [映画.com ニュース]中島貞夫監督の20年ぶりの劇映画となる時代劇「多十郎殉愛記」の公開記念舞台挨拶が4月13日、東京・丸の内TOEI1で行われた。中島監督の通算63作目の船出に、出演の高良健吾、多部未華子、木村了、寺島進と主題歌を手掛けた中孝介が顔をそろえた。

 中島監督は、「20年も離れていたという気持ちはない。その間も学生と映画を作ったり映画祭のお手伝いなどをして、映画とはずっと関わり続けてきた。いつか撮りたい、ふさわしい仕事をしたいと思っていたらあっという間に年月が過ぎた」と意気軒高。その情熱を注ぎ、ちゃんばらの神髄に迫り、次世代への継承を願って撮った作品が「多十郎殉愛記」だ。

 主演の高良も、「時代劇だし京都の太秦での撮影で殺陣の稽古もできてラッキーだと思った。30代初の主演で、自分にひとつの落とし前を付けられる役でした。幕末の時代の粋とはどういうものかを考えながらやらせていただきました」と感慨深げ。さらに、「撮影から今日まで、監督とご一緒する機会がたくさんあっていろいろな話をしていただいた。それが少なくなってしまうと思うと寂しい」と表情を曇らせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事もプライベートも忙しく、中途半端で終わりやすい日。優先...もっと見る >