2019/04/15 15:30

「アベンジャーズ エンドゲーム」どんな決着? ロバート・ダウニー・Jr.らが韓国で記者会見

 昨年公開された前作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」で、最強の敵サノスによって「全人類の半分が消滅」という敗北を喫したアベンジャーズが、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ホークアイ、単独映画が公開されたキャプテン・マーベルら残されたメンバーたちで逆襲を仕かける。

 現時点で上映時間は3時間2分だとアナウンスされており、アンソニーは「上映前は飲み物を控えて。もちろん、途中でトイレに行くタイミングは一切ないよ」と“警告”。前作のラストについては「ヒーロー映画で悪役が勝つのは、非常にまれ。実際の人生にはよくあることだけどね(笑)。確かにファンを驚かせてしまったし、クリエイターとしても難しい選択だったが、あれはやはり必要だった」と理解を求めた。

 また、弟のジョーは「マーベル作品に関わって以来、最高の仕事ができた。とても満足しているし、公開日が近づいているので興奮している」と「アベンジャーズ エンドゲーム」の出来栄えに誇らしげ。そして「もちろん、製作の過程では『本当にうまくいくのか?』と疑念を抱いたり、疲弊することもあった。でも、みんなを驚かせたい、喜ばせたいという気持ちでここまで来たし、私たち兄弟にとってマーベルは家族同然。今は少しほろ苦い思いもあるよ」と感慨しきり。「全身全霊のフィナーレを届けて」と改めてアピールした。

 「アベンジャーズ エンドゲーム」は4月26日から全国で公開される。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >