2019/04/17 19:00

福島原発の真実に迫る「Fukushima50」、主演の佐藤浩市が力説「絶対に忘れてはいけない」

 [映画.com ニュース]2011年の東日本大震災で津波に襲われメルトダウンを起こした福島第一原発の作業員たちの真実に迫る映画「Fukushima 50」のクランクアップ会見が4月17日、都内のホテルで行われ、主演の佐藤浩市、共演の渡辺謙が出席した。

 フクシマフィフティとは、全電源喪失という事態に見舞われながら原発内に残り続けた50人の名もなき作業員たちを欧米のメディアが評し全世界に広まった呼称。佐藤は現場の指揮を執る当直長・伊崎利夫、渡辺は所長の吉田昌郎を演じた。

 佐藤は、「人間には忘れなければ生きていけないことと、絶対に忘れてはいけないことがある。この映画は間違いなく後者。我々がメッセンジャーとして、この事象をどう刻むのか、お客さんが映画館を出た時にどういう思いを抱くのかを大事に進めていった」と説明。電源が落ちた中央制御室内での撮影は、「順撮りだったので、日に日に皆の顔が変わっていくのが分かった。そこはやりながら皆で話し合うしかなく、そこには役者の技量を超えた何かがあった」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >