2019/04/18 11:00

今度のキアヌはロシア美女とマフィアに翻弄… 「ブルー・ダイヤモンド」今夏公開決定

宝石ディーラー役で主演 (C)2018 MARS TOWN FILM LIMITED
宝石ディーラー役で主演 (C)2018 MARS TOWN FILM LIMITED

 [映画.com ニュース]キアヌ・リーブスが主演した映画「ブルー・ダイヤモンド」が、今夏に東京・新宿バルト9ほか全国で公開されることが決定した。救世主、探偵、殺し屋などさまざまな役どころに臨んできたリーブスだが、今回はロシア美女とマフィアに翻弄される宝石ディーラーに扮している。

 宝石商のルーカス・ヒル(リーブス)は、最高純度のブルー・ダイヤモンドを取引するため、ロシア・サンクトペテルブルクを訪れた。ところがダイヤを所持していたビジネスパートナーとの連絡が途絶え、ルーカスは伝言を便りにシベリアへと飛ぶ。親密になった現地の女性カティアを巻き込み、苦労の末にダイヤを見つけ出すが、それは巧妙に作られた偽物だった。期日が近づき、取引相手のロシアンマフィアの手が迫るなか、一世一代の大仕事を成功させるため奔走する。

 リーブスは今作でロシア語も披露。宝石商の身に迫る危険、そして燃え上がる刹那の恋を体現する。場面写真も公開されており、いわく付きのブルー・ダイヤモンドを品定めするリーブスの姿を切り取っている。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >