2019/04/18 13:00

ヒトラーが愛した裸婦画、ナチスによる大ドイツ芸術展&退廃芸術展の映像を入手

青年期に画家を目指していたヒトラー (C)2018 3D Produzioni and Nexo Digital All rights reserved.
青年期に画家を目指していたヒトラー (C)2018 3D Produzioni and Nexo Digital All rights reserved.

 [映画.com ニュース]ナチスドイツにより奪われた美術品と、それに関わる人々に迫ったドキュメンタリー「ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」。ナチスドイツが、美術品の略奪を繰り返していた1937年に開催した、ヒトラーお墨付きの「大ドイツ芸術展」、そして堕落とみなされ没収された作品を集めた「退廃芸術展」という対照的な2つの展覧会を映した本編映像の一部を映画.comが入手した。生前のヒトラーが、芸術の日を祝うパレードを鑑賞する様子、ヒトラーが高く評価した画家ツィーグラーの作品、ゲッベルスの指示でツィーグラーが退廃芸術として選んだ作品群も確認できる。

 ナチス・ドイツはふたつの手段で芸術を支配した。ひとつはピカソ、ゴッホ、ゴーギャン、シャガール、クレーらの傑作に「退廃芸術」の烙印を押しそれらを貶め、一方で、純粋なアーリア人による写実的で古典主義的な作品を擁護。さらに青年時代に画家志望だったヒトラーは、故郷リンツに“総統美術館”設立の野望を抱き、右腕的存在のゲーリング国家元帥と張り合うかのうように、ユダヤ人富裕層や、かのルーブル美術館からも問答無用で憧れの名品や価値ある美術品の略奪を繰り返していく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >