2019/04/18 14:00

ブラックホールに向かう宇宙船で生殖実験「ハイ・ライフ」クレール・ドゥニ監督に聞く

クレール・ドゥニ監督
クレール・ドゥニ監督

 [映画.com ニュース] クレール・ドゥニ監督が、ロバート・パティンソンを主演に迎えた最新作「ハイ・ライフ」が4月19日公開する。地球で死刑宣告された囚人たちが、ブラックホールに向かう宇宙船内で人工的な生殖を試みる科学者の実験台になるという物語。プレミア上映されたトロント映画祭2018GALAS部門では、その衝撃的な内容に、大絶賛とブーイングが同時に巻き起こったという。このほどプロモーションで来日したドゥニ監督に話を聞いた。

--宇宙での生殖がテーマです。ジュリエット・ビノシュが演じる科学者ディブスを女性という設定にした理由を教えてください。

 「脚本を書いているときから、女性ということしか考えていませんでした。ギリシャ神話の王女メディアのようなもので、他の女に心を奪われた夫に対する嫉妬心から、自分の子供を殺してしまう。それが悲劇の始まりです。それで、宇宙船内で子供を作ることを自分の宿命にするという設定になったのです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >