2019/04/20 17:16

岸井ゆきの、成田凌からキスシーンのダメ出しを暴露されて大慌て

角田光代の同名恋愛小説を映画化
角田光代の同名恋愛小説を映画化

 [映画.com ニュース]角田光代の同名恋愛小説を、岸井ゆきの主演で映画化した「愛がなんだ」の公開記念舞台挨拶が、4月19日にテアトル新宿で開催され、岸井、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、今泉力哉監督が登壇。成田が岸井から、キスシーンのダメ出しをされたことを暴露すると、岸井は「ええ~!」と慌てふためいた。

 28歳のOLテルコ(岸井ゆきの)は、片思い中のマモル(成田凌)を最優先に、仕事もそっちのけの生活をしているが、マモルはテルコを都合のいい女としか見ていない。NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」のタカ役で人気を博した岸井が、「おじいちゃん、死んじゃったって。」に続いて映画の主演を務めた本作。「パンとバスと2度目のハツコイ」の今泉監督がメガホンをとった。

 岸井は印象に残ったシーンについて、マモルが手につけたケチャップをテルコの口に入れ、「追いケチャップ」と言う、蜜月のシーンをピックアップ。これは成田のアドリブだったそうで岸井は「びっくりしました。監督が『成田くんが出ちゃったね』と言っていましたが、私は、“岸井ゆきの”が出てしまいました」と、かなり驚いたよう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >