2019/04/21 13:30

高良健吾が説く、いかにしてリアリティある殺陣と向き合ったのか

 [映画.com ニュース] 「くまもと復興映画祭」2日目となる4月20日、会場を菊池市文化会館に移し「多十郎殉愛記」の上映からスタートした。同作は、「893愚連隊」「狂った野獣」などで知られる中島貞夫監督の20年ぶりとなる長編劇映画。上映後には、同映画祭のレギュラーでもある高良健吾がゲストで登壇、映画祭ディレクター行定勲監督とのトークショーが行われた。

 高良が演じるのは、かつては長州で名うての侍だったが脱藩浪人となり、小料理屋の用心棒として細々と暮らす清川多十郎。ある目的のために命をかけて戦うことになる、そのシーンが描かれるクライマックス30分間の立ち回りに、この日の観客も圧倒されていた。3度目の武士役にして本格的な時代劇アクションは初となる高良。行定監督は高良の殺陣のシーンについて「とても新鮮でした。中島監督は自由度が高くて、殺陣(チャンバラ)もリアリティがあった。特に竹林のシーンは大変だったんじゃないか」と、殺陣についてトークを膨らませる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >