2019/04/21 19:00

「タクシードライバー」のロジックでブレッソン、ベルイマンを包みこんだ P・シュレイダー「魂のゆくえ」

ポール・シュレイダー監督とイーサン・ホーク
ポール・シュレイダー監督とイーサン・ホーク

 「タクシードライバー」「レイジング・ブル」の脚本家として知られる、ポール・シュレイダーの監督作「魂のゆくえ」が公開された。イーサン・ホーク主演、信仰と資本主義社会の間で生きることに苦悩する牧師を描く人間ドラマだ。ベネチア国際映画祭でシュレイダーの最高傑作と評され、その後各国の映画祭で受賞、今年のアカデミー賞脚本賞にもノミネートされた話題作だ。シュレイダーが本作を語るインタビューを映画.comが入手した。

--今作は、あなたの過去の映画で探求してきたテーマの延長線上にあると思いますか?

 「はい。それに他の芸術家や場所から盗んだものを再構築し、再び新鮮なものに作り変えようと努力しています。ロベール・ブレッソンの『田舎司祭の日記』のキャラクター、イングマール・ベルイマンの「冬の光」の設定、タルコフスキーの空中浮遊シーン、カール・ドライヤーの『奇跡(1955)』のエンディング。その全てを『タクシードライバー』のロジックできつく包みこんだのです(笑)」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >