2019/04/22 11:00

ジェニファー・ローレンスが舞台演出家の監督デビュー作に主演

ジェニファー・ローレンス 写真:Jordan Strauss/Invision/AP/アフロ
ジェニファー・ローレンス 写真:Jordan Strauss/Invision/AP/アフロ

 [映画.com ニュース]1年間の休養を取っていた人気女優のジェニファー・ローレンスが、新進舞台演出家の映画デビュー作で復帰を果たすことが明らかになったと、米Deadlineが報じている。

 ジェニファー・ローレンスといえば、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた「ウィンターズ・ボーン」(09)でブレイクをしてから、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」と「ハンガーゲーム」に出演。2つの人気シリーズを掛け持ちする一方で活動の幅を広げ、「世界にひとつのプレイブック」でアカデミー賞を受賞。だが、さすがに多忙すぎたのか、昨年、「X-MEN:ダーク・フェニックス」への出演を最後に、休暇を取ると宣言していた。

 復帰作のタイトル、および、内容は不明で、ニューヨークの新進演出家として注目を集めるリラ・ノイゲバウアーがメガホンを取る。ノイゲバウアーは、昨年、エレイン・メイ、ルーカス・ヘッジズ共演のブロードウェイ劇「The Waverly Gallery(原題)」で称賛を浴びている。

 脚本は新人のエリザベス・サンダースで、プロデューサーはスコット・ルーディンとイーライ・ブッシュが務める。米ニューオリンズで6月中旬にクランクイン予定。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >