2019/04/23 18:00

殺してもらうはずが生きる希望が沸いた!? 死にたい小説家×殺し屋の追走劇、8月公開

落ちぶれた殺し屋役のトム・ウィルキンソン (C)2018 GUILD OF ASSASSINS LTD
落ちぶれた殺し屋役のトム・ウィルキンソン (C)2018 GUILD OF ASSASSINS LTD

 [映画.com ニュース]死にたい小説家と、殺したい暗殺者の出会いが巻き起こす騒動を描いた「デッド・イン・ア・ウィーク オア・ユア・マネー・バック(原題)」が、「やっぱり契約破棄していいですか!?」の邦題で8月に公開されることがわかった。「ダンケルク」に出演したイギリスの若手俳優アナイリン・バーナードと、第70回アカデミー賞作品賞にノミネートされた「フル・モンティ」で知られる名優トム・ウィルキンソンが共演する。

 小説家志望の青年ウィリアムと落ちぶれた殺し屋レスリーが紡ぐ、“人生をかけた1週間”をめぐる追走劇。バーナードがウィリアム、ウィルキンソンがレスリーに扮し、「モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト」のフレイア・メイバーが出版社に勤務する女性エミリーをキュートに演じている。

 小説家として芽が出ず、人生に絶望し自殺未遂を重ねるウィリアム。そんなある日、英国暗殺者組合の会員として輝かしいキャリアを誇る殺し屋レスリーと遭遇する。年老いたレスリーは今や、毎月の暗殺件数ノルマを達成できず、自殺スポットに出向いては自殺志願者と殺人の契約を結び、引退を先延ばしにしていた。ウィリアムは、1週間以内に自らをターゲットにした暗殺をレスリーに依頼。その矢先、ウィリアムは小説を出版するチャンスに恵まれ、出版社のエミリーとも良い雰囲気になり、生きる希望が沸いてしまう。

 「やっぱり契約破棄していいですか!?」は、8月30日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >