2019/04/23 22:00

香取慎吾、自らの狂気&闇を封じ込めた「凪待ち」の撮影は「気持ちが良かった」

会見に出席した香取慎吾ら
会見に出席した香取慎吾ら

 [映画.com ニュース] 香取慎吾と白石和彌監督が初タッグを組んだ映画「凪待ち」の完成報告会見が4月23日、都内で行われ、香取と白石監督のほか、キャストの恒松祐里、吉澤健、リリー・フランキー、プロデューサーの赤城聡氏が出席した。

 本作で描かれるのは「喪失と再生」をテーマに掲げた重厚な人間ドラマ。主演の香取が扮するのは、パートナーの女性とその娘とともに宮城県石巻市で再出発しようとする男・郁男。平穏に見えた3人の暮らしが、小さな綻びが積み重なることによって、やがて取り返しのつかない事態を招いてしまう。

 “堕ちる所まで堕ちきる男”という新たな役どころで挑んだ香取。「(役を演じるのは)辛かったですね。人の優しさがこんなに痛いものなんだと実感した撮影期間でした。自分以外の役の方から、優しい言葉をかけられるほど不甲斐なさを感じました」と告白しつつ、「あまり今までに見たことがない“香取慎吾”が見れるかもしれないんですけど、人は誰でも心の中に狂気、闇の部分を持っていると思います。そっち方向の僕としては、白石作品はすごく好き。突拍子もないことをやっているというよりも、自分がとても好きな部分をやっとできた。今このタイミングできたことがありがたいです」と胸中を吐露した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >