2019/04/24 13:00

松岡茉優の秘めたる覚悟、まだ24歳という現実

取材に応じた松岡茉優
取材に応じた松岡茉優

 [映画.com ニュース] 女優・松岡茉優のまごうことなき強味を挙げるとするならば、それは胸のうちに秘めた、ぶれない意志に尽きるのではないだろうか。遠回りすることをいとわないからこそ、じわじわと獲得していった認知度は、今や全国へと広がった。10代の頃から着実に歩みを進めてきた松岡の、雄弁に物語る黒目がちな大きな瞳が見据える先にあるものは何なのか。「バースデー・ワンダーランド」で6年ぶりにタッグを組んだ原恵一監督との仕事を丹念に振り返った。(取材・文/編集部、写真/間庭裕基)

 松岡が原監督と初めて対峙したのは、日本を代表する映画監督・木下惠介の生誕100周年記念作品で、若き日の木下監督を加瀬亮が演じた意欲作「はじまりのみち」。原監督が初めて手がけた実写作品としても知られている。松岡にとっては、「桐島、部活やめるってよ」で強烈な存在感を放ち、ここからフィルモグラフィーが急激に変動していく過渡期といっていいタイミングだ。その後、しばらく音信は途絶えたが、2017年の第30回東京国際映画祭で再会を果たすことになる。松岡の初主演映画「勝手にふるえてろ」がコンペティション部門に選出され、原監督は特集上映「映画監督 原恵一の世界」で参加している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >