2019/04/24 15:00

「カンパイ!日本酒に恋した女たち」公開記念 食の編集者に聞く「今、日本酒が楽しい」理由

野菜に合う日本酒「KAMPAI× 富久長 草 KUSA」(発売中) (C)山本洋子
野菜に合う日本酒「KAMPAI× 富久長 草 KUSA」(発売中) (C)山本洋子

 [映画.com ニュース] 長らく女人禁制と言われてきた日本酒の世界に飛びこみ、活躍する女性たちの姿を描いた日本酒ドキュメンタリー映画「カンパイ!日本酒に恋した女たち」が、4月27日から公開される。広島で100年以上続く酒蔵を継いだ杜氏(とうじ、酒造りの最高責任者)の今田美穂さん、大胆なフードペアリングで日本酒界に新たな旋風を巻き起こす日本酒バーのカリスマ店長・千葉麻里絵さん、そしてニュージーランド出身の日本酒コンサルタント、レベッカ・ウィルソンライさんに迫る物語。本作にも出演しており、食雑誌「dancyu」の元副編集長で、“食の編集者”として活動する神吉佳奈子さんに「今、日本酒が楽しい」理由と背景にある女性の活躍、そして日本酒を楽しむコツを聞いた。(取材・文・写真/編集部)

 祖父が広島にある「賀茂鶴酒造株式会社」で働いていたので、日本酒の存在が日常の中にあったと語る神吉さん。食の編集者を目指して上京し、1999年にNHK出版でムック本「お酒の時間」の編集を手掛け、日本酒特集を企画したという。「NHK出版で『ERIO』という若い女性に向けた家庭実用雑誌を編集していました。チョコレート、ハーブ、チーズなど嗜好品を扱うワンテーママガジン。そこで私は食いしん坊の女性向けに、お酒の特集を提案したんです」。当時は女性向けと言うと、シュワシュワしたものや甘いものなど、かわいらしいお酒がイメージされることが多く、会議で上司から「女性ってそんなに日本酒に興味あるの?」という反応もあったそう。「酒飲みの女性って、おいしいお酒が飲みたいだけで、かわいいお酒が飲みたいわけじゃない。おいしいお酒に出合いたい、味覚の新しい体験をしたいという好奇心のある女性に、自分でお酒を選ぶ時の知識を紹介した雑誌でした」と振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >