2019/04/24 20:50

合田雅吏「二宮金次郎」に全身全霊「教訓は人間やればできる」

依頼に応じて全国を巡回上映する対応も
依頼に応じて全国を巡回上映する対応も

 [映画.com ニュース] 江戸時代後期の思想家で、経世済民を唱え農村復興の指揮を執った二宮尊徳の半生を描く映画「二宮金次郎」の完成披露上映会が4月24日、都内のホールで行われた。

 五十嵐匠監督が、金次郎が青年期に660もの農村を復興させた事実を知り映画化を決意。自ら脚本を8稿まで書き、その後、柏田道夫氏に託してさらに16稿を重ねてエンタテインメントとして仕上げた。

 主演に抜てきされたのは、金次郎と同じ小田原出身の合田雅吏で、「実在の人物をやるというだけでハードルが高いのに、小田原の偉人ということで何段階も上がった。うれしいのが一番だけれど、どうすればいいかあがいていた」と、オファーを受けた当時の苦悩を吐露。金次郎の生家にある銅像を見に行き「身長が183センチと同じで、顔が祖父に似ていて親近感が沸いた。それで肩の荷が降りて気が楽になった」と振り返った。

 撮影前には、90キロあった金次郎に合わせ約8キロの増量。しかし、クランクイン直前に、断食のシーンから撮ることが決まり、「食べなきゃ落ちるだろうと思って、プロテインとサプリと野菜だけで1週間で7キロ落とした。それから3日間でまた元の体重に戻しましたが、人間やればできるという教訓になった」と苦笑いで明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事もプライベートも忙しく、中途半端で終わりやすい日。優先...もっと見る >