2019/04/25 04:00

ウィル・スミス、実写「アラジン」引っさげ来日決定! 約1年半ぶり15回目

世界中をざわつかせた“ジーニー”が日本に! (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
世界中をざわつかせた“ジーニー”が日本に! (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニー・スタジオがおくる実写映画版「アラジン」に出演するウィル・スミスが、15回目の来日を果たすことがわかった。Netflix「ブライト」以来、約1年半ぶり。令和元年の5月16日に実施される“マジック・カーペット”イベントに、ともに来日するアラン・メンケン(作曲)と出席する予定だ。

 貧しい若者アラジンと王女ジャスミンの身分違いのロマンス、3つの願いを叶える魔法のランプをめぐる冒険を描いた「アラジン(1992)」を、ガイ・リッチー監督(「シャーロック・ホームズ」シリーズなど)が実写映画化。スミスはディズニー映画における超人気キャラクター、ジーニー役を演じており、映像が初披露された際には「ジーニーがウィル・スミスすぎる」などと世界中で話題を呼んでいた。

 「ディズニーの中でも際立ったキャラクターを演じるのはとても恐ろしい気分だ」と、尋常ならざるプレッシャーを感じていたというスミス。それでもクランクイン初日、自分らしいテイストを加えた「フレンド・ライク・ミー」を披露し、メンケン率いる音楽チームを驚嘆させたそうだ。

 「アラジン」は、エジプト出身でカナダ育ちの新人メナ・マスードがアラジン、ナオミ・スコットがジャスミンを演じる。6月7日から全国で公開。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >