2019/04/25 14:45

長渕剛、20年ぶり主演映画「太陽の家」に手応え十分「いいなあって、涙が」

会見に臨んだ長渕剛、飯島直子、広末涼子ら
会見に臨んだ長渕剛、飯島直子、広末涼子ら

 [映画.com ニュース] シンガーソングライターの長渕剛が20年ぶりに主演する映画「太陽の家」のキャスト発表会見が4月25日、都内で行われた。神技的技量を持つ大工の棟梁・川崎信吾を演じる長渕の妻役の飯島直子、その娘の山口まゆ、信吾がお節介を焼くシングルマザーの広末涼子、その息子の潤浩(ゆんほ)、大工の弟子の瑛太と権野元監督が登壇した。

 クランクインから3週間余りが過ぎ、長渕は「久しぶりの現場だけれど、最高ですね。やっぱりファミリーですよ」と満足げ。続けて「ひとつの台本に、それぞれがいろいろな思い、情熱、愛を抱いて来られる。それを権野監督が調整しながら、ライブで血が入っていく。そういった家族愛に包まれながら、カットがかかった直後に『いいなあ』って涙がこぼれそうになったこともあった」と振り返った。

 飯島は、「破天荒な夫を優しく、温かく見守る役ですが、実は夫を手のひらで転がしています。長渕さんを転がせるなんて…」と破顔。公開されたメイキング映像では夫をビンタするシーンがあったが、長渕は「あれ、3発目なんですよ。別に痛くはないけれど、バシーンって入りましたね。飯島さんが等身大で来られたので、人生がもう1回あったらなと思いました」と身振りを交えながら、うれしそうに説明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >