2019/04/26 07:00

絶対遵守のルール、破られる……「アナベル 死霊博物館」日本版予告完成

 プロデューサーとして参加しているジェームズ・ワン監督が“アナベル版ナイトミュージアム”と評した本作。日本版予告編では「地下にあるものは、全て呪われ封印されている」「触れば命の保証はない」という不穏な忠告から始まる。超常現象研究家のウォーレン夫妻の家の地下にある保管室の展示物は、全て死霊の呪いが憑りついたいわく付きの品々だ。神父立会いのもと厳重に封印が施されたはずだったが、ある出来事をきっかけに事態は急変する。

 ひと晩外出するウォーレン夫妻に代わり、留守番をしていた娘のジュディと、彼女の面倒を見るためやって来たメアリーとそのクラスメイト・デニース。ジュディの忠告を無視して保管室に入ったデニースは、身震いするような恐怖体験を経て、“決して開けるな”という張り紙のされたガラスケース内のアナベル人形を「外に出した」と告白する。さらに彼女が打ち明けたのは、いわく付きの品々の“全てに触った”という最悪の事実――解き放たれてしまったアナベル人形の力によって、呪われた悪霊たちが少女たちに襲いかかる様子をとらえている。

 「アナベル 死霊博物館」は、9月20日から全国公開。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >