2019/04/26 19:00

あのヒーローの映画化は想定していなかった!マーベル映画のトップが今だから明かせる秘話

 [映画.com ニュース] 世界中の映画ファンが固唾を飲んで“決着”を見守る「アベンジャーズ エンドゲーム」が、公開を迎えた。最強の敵サノスによって「人類の半分が消滅」という大敗北を喫したアベンジャーズはいかにして、逆襲を仕かけるのか。本作のプロモーションのため、訪韓したプロデューサーで、マーベル・スタジオのトップを務めるケビン・ファイギ、製作総指揮のトリン・トランが映画.comの取材に応じた。

 これまでも「アベンジャーズ エンドゲーム」は、「22本目のマーベル・スタジオ作品であり、その集大成だ」と明言してきたファイギ。この10年間、映画界に一大旋風を巻き起こし続けた人気シリーズだけに、正直さみしさは拭えないが「すばらしい物語だからこそ、結末が必要なんだ」と彼らの活躍が“終わる”理由を語る。そして「終わりがあるからこそ、新たな幕開けに向かうことができるのです」とも。

 「現時点で、今後5~6年後に関して企画を考えている段階ですが、これまでの経験上、未来のことは誰にもわからない。例えば(インフィニティ・サーガの時系列である)フェイズ3を発表したタイミングでは『アントマン&ワスプ』のことは考えていなかったし、ソニーから『スパイダーマン』の権利も手にしていなかった。つまり、自分たちでも驚くようなサプライズが起こるんだよ。これからも、同じことの繰り返しやリブートではない、新たな視点と手法で物語を描き続けていきたいと思っている。キャプテン・マーベルやブラックパンサーといったキャラクターたちの成功にも胸躍らせているよ」(ファイギ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >