2019/04/28 12:00

岡田准一の超絶アクションに現場騒然! 実写「ザ・ファブル」緊迫の撮影レポート

怒涛のアクションシーンをレポート! (C)2019「ザ・ファブル」製作委員会
怒涛のアクションシーンをレポート! (C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

 [映画.com ニュース] 南勝久氏による人気漫画を実写映画化する「ザ・ファブル」の撮影風景が披露された。主演・岡田准一のクオリティの高いアクションに対し、スタッフらが度肝を抜かれるひと幕も。岡田自身は、「時代劇ではなく、現代劇でアクションをやることはすごく難しいことだと認識しています。それをどこまで今まで見たことのないアクションに近付けられるかということに、アクションチームや江口カン監督と日々チャレンジしている感じです」と明かした。

 単行本累計部数320万部を突破し、2017年の講談社漫画賞(一般部門)を受賞した漫画を実写化。裏社会で天才的な殺し屋として暗躍し、“寓話”を意味する英語「ファブル」のあだ名で恐れられる主人公(岡田)が、「1年間休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る。殺しは禁止」というミッションに挑む様子を、コミカルかつシリアスに描く。

 撮影が行われたのは、関東近郊にある廃工場。地上から約10数メートルの高さに桟橋が設置され、その先端には小島(柳楽優弥)が椅子に座ったまま縛り付けられている。落下すればまず助からない。彼の奪還を頼まれたアキラ(主人公の偽名)が乗り込み、狂気の殺し屋・フード(福士蒼汰)と戦いながら救出を試みる。さまざまな人物の思惑と凶暴性がむき出しになり、クライマックスへと突き進んでいく怒涛のシーンだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事もプライベートも忙しく、中途半端で終わりやすい日。優先...もっと見る >