2019/04/28 16:30

【パリ発コラム】カンヌ映画祭ラインナップ発表 今年の傾向とNetflix問題

監督週間と批評家週間に日本映画が入選
監督週間と批評家週間に日本映画が入選

 [映画.com ニュース]4月18日に公表された今年のカンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション部門に続き、翌週に併設の監督週間、批評家週間のラインナップも相次いで発表され、一通りラインナップが出揃った。

 今年はオフィシャルセクションに日本映画が入らなかったが、監督週間には三池崇史の「初恋」と、振付家、吉開菜央の短編監督作「Grand Bouquet」、批評家週間に富田克也の中編ドキュフィクション「典座 TENZO」が入選した。

 監督週間は今年からディレクターが変わり、長年ベネチアで元ディレクター、マルコ・ミューラーのアシスタントとしておもにオリゾンティ部門に携わったイタリア人のパウロ・モレッティが就任。去年より4本も増えた24作のコンペラインナップは、そのうち16監督がカンヌ初体験というフレッシュな面子だ。アジアからは三池監督の他にラブ・ディアズ、ジョニー・マー。コンペに国際的なスター監督はいない替わりに、スペシャルスクリーニングにロバート・ロドリゲスの「Red 11」が上映され、マスタークラスを開催。同部門にはまた、音楽を坂本龍一が担当するルカ・グァダニーノの中編がある他、「黄金の馬車」賞がジョン・カーペンターへ授与される。全体的なカラーとしては、ファンタ、ジャンル系の他、大胆な作風のものが多いようで、若々しく攻めている感じがする。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >