2019/04/28 21:00

毎熊克哉、母校に凱旋!裏方から俳優になろうと思ったきっかけを明かす

水谷豊の監督第2作に出演した毎熊克哉(右)と撮影監督の会田正裕
水谷豊の監督第2作に出演した毎熊克哉(右)と撮影監督の会田正裕

 [映画.com ニュース]俳優の毎熊克哉が4月28日、自身の母校である西葛西の東京映画・俳優&放送芸術専門学校(旧・東京フィルムセンター映画・俳優専門学校)で行われた映画「轢き逃げ 最高の最悪な日」ティーチインイベントに、撮影監督の会田正裕とともに出席した。

 俳優の水谷豊の監督第2作で脚本、出演も兼ねた映画「轢き逃げ 最高の最悪な日」に出演する毎熊は、2015年のインディーズ映画「ケンとカズ」で注目を集め、2018年は10本を超える作品に出演。さらにはNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」などにも出演を果たすなど、注目を集めている俳優だ。今回の試写会に集まったのは、同校に通う1年生を中心とした毎熊の後輩たち。彼らの前に立ち、「ここに通っていた時はうだつの上がらない学生だったんで、まさか役者をやって。こういう形でここに来ているのは感慨深いなというか。続けてきて良かったなと思います」としみじみと語る毎熊。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >