2019/05/01 12:00

スティーブン・キング短編「パーキングエリア」の映画化の監督が決定

スティーブン・キング 写真提供:アマナイメージズ
スティーブン・キング 写真提供:アマナイメージズ

 [映画.com ニュース]米人気作家スティーブン・キングの短編小説の映画化「Rest Stop(原題)」を、「彼女のいた日々」のアレックス・ロス・ペリー監督が自ら脚色し、メガホンを取ることになったと、米バラエティが報じている。

 「Rest Stop(原題)」(邦題「パーキングエリア」)は、2003年に米エスクワイア誌に掲載されたのちに短編作品集「Just After Sunset」(日本では「夕暮れを過ぎて」「夜がはじまるとき」の分冊で出版)に収録。に収録。高速道路のパーキングエリアで出会った二人の女性が、その後、追いつ追われつの関係になるスリラーだ。

 クレイグ・J・フローレスがプロデューサーを務め、レジェンダリーが制作する。アレックス・ロス・ペリーは、脚本家として「プーと大人になった僕」を共同執筆。「彼女のいた日々」に続き脚本・監督を担当したエリザベス・モス、カーラ・デルビーニュー主演「Her Smell(原題)」は2018年のトロント国際映画祭でプレミア上映されている。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >