2019/05/02 11:00

ライアン・レイノルズ、“魂がピカチュウに乗り移る”壮絶な体験…「名探偵ピカチュウ」を語る

 [映画.com ニュース] 世界的人気を誇る日本発のゲーム「ポケットモンスター」を、シリーズで初めて実写映画化した「名探偵ピカチュウ」が、5月3日に日本で先行公開される。米ハリウッドで実写化ということにも驚かされたが、何よりも衝撃的だったのは、ピカチュウのかわいさだった。

 かわいいは正義である。シワシワなピカチュウ(略してシワチュウ)が登場するトレーラーが公開されるや、世界中のファンが一瞬にしてその魅力に引き込まれていった。しかし、発される声はジョークを飛ばしまくるおっさん……。なんとも奥深いキャラクターだ。

 そんな魅力的な生き物に息吹を注ぎ込んだのは、「デッドプール」などで知られるライアン・レイノルズ。声だけでなくモーションキャプチャーで演じた彼が、来日時にインタビューに応じた。

――「名探偵ピカチュウ」は日本のポケモン直撃世代にはたまらない、素晴らしい作品でした。

 レイノルズ(以下省略):悲しくつらいニュースが多く流れるなかで、この映画がこのタイミングで公開されるのはすごくいいこと。美しい物語で、世界中で共感してもらえるテーマが描かれていると思う。脚本を読む時、いつも考えることがある。それは、例えば「ポケモン」などの“注目される”要素をごっそり取り除いた時、ちゃんとストーリーとして成り立っているかどうか。今回の脚本には強く惹かれたんだ。愛や喪失、息子と父親の関係、家族や希望が描かれていた。そこに「ポケモン」の要素が加わっていることが、さらに素晴らしい映画にしているんだと思う。また、最も惹かれたのはミステリーの部分だった。ピカチュウが解こうとしている謎と、ティム(ジャスティス・スミス)が解こうとしている謎が融合し、2人が冒険へ出ていく。ストーリーがどこへ向かうのか、脚本を読んでいても全く予想できなかったよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >