2019/05/03 18:00

岡田麿里原作「荒ぶる季節の乙女どもよ。」OP&ED主題歌アーティスト決定

クリエイターユニット「HoneyWorks」が プロデュース
クリエイターユニット「HoneyWorks」が プロデュース

 [映画.com ニュース] テレビアニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」の主題歌アーティストが決定した。オープニング主題歌を歌う「CHiCO with HoneyWorks」は挿入歌も手がけ、エンディング主題歌は須藤百々子役として出演する麻倉ももが担当。両楽曲および挿入歌はクリエイターユニット「HoneyWorks」がプロデュースする。

 同作は、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などで知られる脚本家・岡田麿里が原作、「それでも僕は君が好き」の漫画家・絵本奈央氏が作画を務め、「別冊少年マガジン」(講談社刊)で連載中の漫画のテレビアニメ化。「死ぬまでにしたいこと」を語り合ったことをきっかけに、“性”に振り回されながらも成長していく5人の女子高生を描く青春群像劇。

 アーティストからコメントも寄せられており、CHiCOは「彼女たちが『恋』から『その先』に触れる不安や戸惑い、心の高鳴りを、歌を通じて皆さんにお伝えできたらいいなと思います」と、楽曲に込めた思いを語っている。麻倉は「彼女たちの背中をそっと押してあげられるような歌をお届けできたら」と意気込み、「HoneyWorks」のshitoは、「楽曲(歌詞)についてもこだわり、監督、アニメスタッフの皆さんとキャッチボールさせていただきながらアニメに寄り添った楽曲に仕上がったと思います」と、自信をのぞかせた。

 テレビアニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」は、7月からMBS、TBS、BS-TBSのアニメイズム枠で放送開始。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >