2019/05/06 23:50

「サスペリア」脚本家が執筆 カミーユ・デアンジェリスのYAホラー小説「Bones & All」が映画化

デビッド・カイガニックが脚本を 執筆した「サスペリア」
デビッド・カイガニックが脚本を 執筆した「サスペリア」

 [映画.com ニュース] 作家カミーユ・デアンジェリスのYAホラー小説「Bones & All(原題)」が映画化されることがわかった。米Deadlineによれば、「サスペリア」(ルカ・グァダニーノ監督)の脚本家デビッド・カイガニックが脚色を手がける。

 全米図書館協会アレックス賞を受賞した原作は、友だちや知り合いを何人も殺害してきた16歳の少女マレンが、会ったことのない実父を探すためアメリカ横断の旅をしながら、なぜ自分は人を殺さずにはいられないのか自身に問いかける物語。

 映画「Bones & All(原題)」は、「マーサ、あるいはマーシー・メイ」のプロデューサーで、「The Sinner 記憶を埋める女」監督のアントニオ・カンポスがメガホンをとる。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >